2匹の大型猫サイベリアンと4人の子持ちパパの気になる〇〇を書くブログ

4人の子育て中パパは2匹の大型猫サイベリアンのパパでもあります。そんなパパの気になることと、2匹の大型にゃんこのほんわかとした日常生活を書いています。

初めてでも2時間で簡単に出来た!ペットの写真でLINEスタンプの作り方~写真加工からスタンプ申請~

   

スポンサードリンク

うちの看板猫の真くんのLINEスタンプができました。

 

友人がiPadを使って自分のイラストをスタンプにしていたのを見て、

自分もやってみたいと思い、イラストを描くより、うちのニャンコの

可愛い姿をスタンプにしておきたいなーと思い、制作しました。

 

制作時間はスタンプ24個で2時間ほど。

 

今はアプリで簡単にできるので、iPadとiPhoneを使った

初心者の僕でもできた、簡単なスタンプの作り方を説明します。

 

制作の流れ(iPadとiPhoneを使用)

《iPadでの流れ》

1・Appleのアプリストアから「透過スタジオ」をダウンロードする。

2・写真を選択する

3・切り抜き、透過処理をする

4・出来た写真を保存する

5・DropboxやiPadのフォトストリームでiPhoneと共有する。

《iPhoneでの流れ》

6・Appleのアプリストアから「LINE Creators Studio」をダウンロードする。

7・ スタンプの名前、クリエイター名を決める

8・iPadで切り抜き、透過処理した写真を選択する

9・スタンプにしたい部分を選択する

10・文字入れなどの加工をする

11・メイン画像を選択

12・説明文など必要項目を入力する

13・審査開始 →  審査 →  販売開始

【おまけ】さらに作成時間を短縮するポイント

透過スタジオで写真を透過処理する

アプリストアで見つけた透過スタジオというアプリを使いました。

このアプリは、簡単に写真を透過処理できる優れものです。

 

このアプリを使うと写真でLINEスタンプを作流のがとても簡単になります。

 

というのも、LINEスタンプでは、スタンプ以外のところを

透過処理する必要があり、後で出てくるラインクリエイターズスタジオで

写真を切り抜く際に、あらかじめ透過処理をしておくと、

簡単にペットの写真だけを残すことができるからです。

 

始めにスタンプにする写真を選択します。

選択した写真を消しゴムを使って、スタンプに必要なところ以外を消していきます。

この時にiPadとApple Pencilがあるととても簡単に出来ます。

始めに縁取りをしておいて、周りを消していくとこんな感じになります。

このままでもスタンプにできますが、このアプリには

エッジ処理の機能がついているので、エッジ周りをぼやかしました。

 

エッジのぼかし処理を行うと上の写真に比べて

ちょっと柔らかい印象になります。

スタンプにしたい写真の枚数分だけ、透過スタジオで写真を切り抜いておきます。

 

透過スタジオで作った写真は、Dropboxやフォトストリームで

iPadとiPhoneの写真を共有しましょう。

 

これでiPadでの作業は終わりです。

 

ラインクリエイターズスタジオをダウンロードする

次にiPhoneでクリエイターズスタジオでの処理をしていきます。

 

アプリストアでラインクリエイターズスタジオをダウンロードしてラインと連動させます。

 

ホーム画面から、スタンプを作ろうのアイコンをクリックして

スタンプを登録していきます。

スポンサードリンク

スタンプにしたい写真を選択し、指で少し大きめに輪郭を取るようになぞっていきます。

 

なぞっていくと下の写真のようなラインが出てくるので、

それを指で広げていって、スタンプにする範囲を選択していきます。

写真の周りが黒くなっているのは、

iPadアプリの透過スタジオで透過処理をしているから。

 

先ほどの透過処理のおかげで、ペットの部分だけ可愛い感じで切り抜くことができます。

スポンサードリンク

写真を切り抜いた後は、文字入れや背景色を決めていきます。

フォントも変えることができますが、それほど種類はありません。

 

文字入れは、テキストをいくつも重ねることができるので、

文字ごとに色を変えたりすることもできます。

 

一通りできたら、保存します。

 

ここまでの処理を、スタンプにしたい枚数分繰り返します。

スタンプ制作は、8枚から可能です。

 

枚数を決定したら、できたスタンプを選んで申請します。

 

スタンプを選んだら、メイン画像になる写真を決定します。

 

このメイン画像は、スタンプマーケットに掲載される際のアイコンになります。

販売を目的とする場合は、これの印象で変わってくるので大事なポイントになります。

 

販売情報を登録していきます。

 

クリエイター名はアプリを立ち上げた時に登録しますが、

スタンプのタイトルを決めたり、販売地域や販売価格、

写真使用の有無、プライベート設定をしていきます。

 

ここでのポイントになるのは、タイトルと説明文。

 

タイトルと説明文は、英文表記は必須なので必ず英文でも登録をしてください。

 

ちなみに、僕は日本語の説明文をグーグル翻訳で英文化して登録しました。

※スタンプの審査にはそれほど影響はないようですが、日本語で言うスタンプは英語ではstickerと言います。

stampは切手という意味なのでもし説明で弾かれてしまう場合は、修正してみてください。

 

申請から販売開始まで

登録が終わり、問題がなければスタンプの審査申請をします。

 

通常では5〜7日くらいと言われています。

僕の場合は申請から販売まで8日かかりました。

 

土曜日に申請をして間に土日を挟みましたが、

日曜日のお昼に審査通過のメールが来たので、土日も関係なく審査が行われているかもしれません。

 

【おまけ】さらに短縮するポイント

写真のスタンプ作成の短縮をするポイントがあります。

 

iPadでの透過処理を行わずに、クリエイターズスタジオで直接写真を切り抜くことでも、スタンプ作成は可能です。

この方法で行う場合、アプリの写真は拡大できるので、拡大しながら切り抜き加工を微調整していきます。

 

この場合は切り抜き処理が大変ですし、ペットの写真だけ綺麗に切り抜きをするというのが難しいので、

背景も含めてスタンプ作成する方にオススメです。

 

まとめ

これまでの工程を24枚分やって、申請までに約2時間で終了しました。

 

はじめは慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、1枚2枚と写真を透過加工していると、

すぐに慣れて来て透過処理もスムーズに進んでいくようになります。

 

意外と簡単にあっさりとスタンプの作成ができますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

 - サイベリアン・猫, ブログ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。