2匹の大型猫サイベリアンと4人の子持ちパパの気になる〇〇を書くブログ

4人の子育て中パパは2匹の大型猫サイベリアンのパパでもあります。そんなパパの気になることと、2匹の大型にゃんこのほんわかとした日常生活を書いています。

【夏休みの旅行に最適】子連れでも安心の洞窟探検!龍河洞〜高知県にある四国最大の鍾乳洞

   

スポンサードリンク

夏休みの旅行に最適な、子連れで行ける洞窟探検が高知県にあります。

僕が以前に1人で子ども4人を連れて連れて行ったこともある、天然記念物の史跡「龍河洞」です。

 

龍河洞について

龍河洞は高知県香美市土佐山田町にあります。

 

全長が約4kmあり、観光コースになっているのは約1kmで所要時間は約30分ほどで、子どもでも安心して行けるコースです。

国の定める天然記念物の史跡となっており、日本3大鍾乳洞の一つとなっています。

 

ちなみに、3大鍾乳洞は、龍河洞(高知県土佐山田町)と秋芳洞(山口県秋芳町)と龍泉洞(岩手県岩泉町)です。

 

龍河洞内部はところどころ狭くなっていたり、鍾乳洞特有の湿度があるので滑りやすくなっているところがあり、子どもが夢中になって走ったりすると転倒しやすいので注意が必要です。

 

龍河洞の3つの楽しみ方

龍河洞のコースは3つの楽しみ方ができます。

①観光コース ②暗闇探検ツアー ③冒険コースの3種類です。

 

①観光コースは通常コースです。
https://twitter.com/d_6mayuuu/status/997319798731128832

子連れで安心して行けるので、小さなお子さん連れや時間を気にせず回りたい方はこちらが通常コースになります。

 

②暗闇探検ツアー
https://twitter.com/ryugadou_kochi/status/1005598214391672832

こちらのコースは、通常コースの前半部分の照明を落として、暗闇を提灯を持って探検するというツアーです。

毎日開催しているのではなく、毎月1回だけ8月を除く第2日曜日の10:00~11:00に開催されています。

 

③冒険コース
https://twitter.com/ryugadou_kochi/status/1008863431347167232

こちらは、通常コースの途中から普段入れないコースに入れるというツアーです。

通常コースよりもかなりの難易度になります。

 

距離は200mほどですが、所要時間は1時間30分!

写真のようにツナギとヘッドライト、長靴着用で進んで行きます。

前日までの予約で、通常コースに1000円プラスで体験することができます。

 

ツナギと長靴はなければ1000円でレンタルできます。ツナギの代わりになるウインドブレーカーでもいいかもしれませんので、詳しくは龍河洞にお問い合わせしてみてくださいね。

 

通常コースを行ってみました

僕が子どもたちと行ったのは通常コース。冒険コースのように這って進むところはありませんが、十分楽しめます。

入り口に向かうには長い階段を登って行きます。

隣にはエスカレーターもありますが、子どもたちは元気に走って上がって行きます。

ほとんどの方はエスカレーターを利用しているようです。

 

内部はこんな感じです。頭上注意の看板も見えます。

一番のちびっ子、年長さんの末っ子はお姉ちゃんと手を繋いで探検です。

 

お兄ちゃんは一番先頭で隊長役ですね。

前を歩く当時小学校5年生の長女が立って歩けるくらいの高さです。

180cmの僕には少し低いところもあります。

さらに通路が狭い場所も。

小学1年生の次女ですら少し屈んで進んでいます。

でも、こういうところが子どもたちの冒険心をくすぐるんですよね(笑)

中を進んで行くと、たくさんのフォトスポットがあります。

スポンサードリンク

どこをみても大きな鍾乳石があちこちにぶら下がっています。

さすが高知県ですよね。

龍河洞の中にも土佐の英雄、坂本龍馬がいらっしゃるようです。

 

七福神の名前を持つ7対の御柱が鎮座する鍾乳石です。

そのほかにも沢山の見所が約30分の道中のあちこちにあります。

 

かなりの高低差を登って行くので、階段が多く大変ですが、休憩するためのベンチもあるのでゆっくり休みながら進んで行くこともできます。

うちの子たちはどんどん進むので、ほぼ休憩なしで階段を登り続けていました。

 

鍾乳洞入り口では洞窟から吹き出す風がとても涼しかったですが、登って行くにつれ気温が上がってくるのがわかります。

出口に到着すると外の暑さを思い出させてくれました。

 

夏休みにぜひ!

龍河洞内部は子どもでも十分楽しめる安心の洞窟探検ができるコースになっています。

 

龍河洞を出ると、龍河洞博物館や高知県の名物である尻尾の長い尾長鶏のいる「珍鳥センター」も併設されているのでここだけで1時間以上は楽しめます。

 

さらに、近所にはアンパンマンミュージアムや、のいち動物園もあり、幼稚園くらいの小さなお子さんから小学校高学年くらいまで十分楽しむことができるスポットがたくさんあります。

 

夏休みにどこかに出かける際には、候補に入れてみてくださいね。

 

アクセス

愛媛県今治方面から行く場合は車の方がアクセスがいいので車移動がオススメです。

本州岡山からは、車もしくは電車でもアクセスはあまり変わらないかもしれません。

①電車とバス

岡山駅からJR土讃線土佐山田駅まで約2時間、土佐山田駅からとさでん交通バス「龍河洞」行きで20分「龍河洞」で下車。

②車

岡山駅から南国ICまで1時間30分。高知自動車道南国ICより約25分。

今治から、南国ICまで1時間30分。高知自動車道南国ICより約25分。

 

 

一緒に読まれている記事

小さな子どもが一度はハマる!高知県アンパンマンミュージアム

スポンサードリンク

 - ブログ, 子育て, 旅行

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。